こんにちは!!
ロミロミの父こと
マハロ片山です。

「ひらめき」最近経験したのは4割、
高所得者は「ひらめく」割合が高い–コクヨ
コクヨは9月3日、柔軟な発想で新しい価値を思いつく「ひらめき」に関する意識調査を実施、結果を発表した。
調査によると、「ひらめきを感じるとうれしい」という質問に対し、「とてもあてはまる(33.2%)」と「ややあてはまる(51.2%)」を合わせ8割以上がひらめきをうれしいと回答した。また、「今後ひらめきは重要だとおもう」については「とてもあてはまる(30.5%)」、「ややあてはまる (53.4%)」でひらめきを重視する人が多いことが分かった。
最近ひらめいた経験が「ある」人は41.4%、そのうち年収1000万以上の高所得者層については平均より13ポイント高い54.5%となっている。
ひらめいたのは「1人のとき(44.2%)」が多く、ひらめきやすい場所の上位は「布団・ベッドの中(29.7%)」 「お風呂(21.8%)」、「車の中(21.8%)」、などくつろぎの空間が多く上げられている。ひらめきやすい時については「何もしていないとき」や「寝る前」などひらめきやすい場所と同様のくつろぎの空間が挙げられている。一方、「誰かと話しているとき」は18.7%にとどまっている。
また、将来を考え子どもに「ひらめき力」をつけさせることは「とても重要だと思う(44.7%)」、「やや重要だと思う(46.9%)」を含めると9割以上が重視している。「ひらめき力」を伸ばす有効なことについては「色々なことを経験させる(70.3%)」が最も多く、次いで「出来るだけ子ども自身に考えさせ、何事も自分で行わせる(48.8%)」、「自然や野外活動をさせる(46.7%)」と続き、特に子育て世代である30~49歳においては女性が各項目で平均より高い関心を示している。
何歳までに「ひらめき力」を養う取り組みをするのが良いかという質問については、「4~6歳の幼稚園期(42.9%)」が最も多く、次いで「0~3歳の未就学児(30.5%)」で、小学校入学前が7割以上を占める結果となった。
調査は2007年5月17~18日、全国の20~60代の男女を対象にインターネットで実施したもの。有効回答数は1200人。
**


ひらめき = 直感的な鋭さ
顕在意識ではなく、潜在意識上で思考しているので
アイデアのように物事を考えて出てくるのではなく
突然、頭の中に現れる。
ど忘れの事柄を突然思い出すのも
潜在意識上で思い出している結果と考えられる。
高所得者は「ひらめく」割合が高い
なるほど、すごく納得できるぞ。