こんにちは!! 
ロミロミの父こと
マハロ片山です。

先程、娘と夕飯を食べたあと
テレビをザッピングしていたら
「教科書にのせたい」という番組の
「世界で活躍できる秘訣は簡単!?」のコーナーで
サッカー日本代表の長友 佑都選手が出演し
自らが実践する秘技を公開していました。

その中で、マハロが「おおっ!!」と
思わず唸ったのは「走法」
100メートル10秒台の速さを持つ
長友選手は
他の人と異なったスタートで
アドバンテージを作っていました。

それは、
「前傾姿勢でスタートすることで
 一歩早く前に進むこと」

通常走るときは
スタート時に一度足を後ろに下げています。
みなさんも走るときは
無意識に後ろに重心を下げて
踏み込んでいるので
スターティングブロックに足を乗せて
弾みつけますよね。

しかし、長友選手は
「意識をして」
第一歩を前に踏み出すよう
身体を倒れるくらいに
前傾姿勢にすることで
無駄な動きをなくし
時間のロスを減らしています。

この走りは、長友選手が
練習を繰り返すことで
習得した技だそうです。

スタジオで実際に
「今までの走り」と
「長友選手流の走り」で
タイムを比べたところ
一歩分タイムが縮まりました。

スタート時のちょっとした心がけで
タイムが速くなる。
モデリング(真似ること)で
上達する
そして
自己流は
事故を起こす。

これってすごく重要です。
ゴルフでも
ダンスでも
うまい人に教わると
コツを掴んで
上達するのも速いです。

仕事でもなんでも
憧れているひとや
成功をしているひとを
モデリングすると
上手くいくようなります。

「知っている」と
「やっている」とでは
大違いと同じように
ちょっとしたことを
真似ることで
見える視界が変わったり
毎日に変化が現れたりします。

走るときは
前傾姿勢でスタート!!