こんにちは!! 
ロミロミの父こと
マハロ片山です。

昨日は、九州ベンチャー大学の栢野克己さん主催
形成外科業界大手「聖心美容外科」創業者で
現在は「ザ・クリニック」と加圧ジム「スキンジム
オーナー山川雅之先生の特別経営セミナーに
参加しました。

2時間強のセミナーでしたが
驚愕の内容でした。

日本最大級のビジネスメルマガ
「平成進化論」の鮒谷周史さんも参加され
今日のメルマガで「強い衝撃を受けた」と
書かれています

マハロは懇親会にも参加し
山川先生・鮒谷さん・栢野さんの
クロストークを横でビールを飲みながら
聴けるという、プライスレスな体験をしました。

参加者の殆どは経営者・起業家の人ですので
内容は経営者の成功理論となります。

山川先生が強く言ったのは
「NO1になることに特化せよ」
あらゆるジャンルでも
深く掘り下げると
自分がNO1になれるジャンルがあり
例えニッチな分野でも第一人者になります。

みんなに好かれようとしない
八方美人になる必要は全く必要ありません

そのためには
やらないことを決めること
すなわち、NO1になれない事を
ビジネスをするな!!

世の中に自分より上手くやる人や
良いものがあるのを知っていて
クオリティの低い物やサービスを売ることは
自分のやれること(リスト)から
消去すべきです。

(先生のクリニックでは3つのメニュー以外やっていない)
ビジネスとは
$上手くいくには理由(わけ)がある★ロミロミの父が教える秘密のヒント~マハロ片山の公式ブログ
稼ぎが高く・役立ちが高いのは 良いビジネス
稼ぎが高く・役立ちが低いのは 詐欺
稼ぎが低く・役立ちが高いのは ボランティア
稼ぎが低く・役立ちが低いのは 趣味

役立ちが低いビジネスは
お客様に対しての詐欺行為
詐欺は一時稼ぎが高くても
役立ちが低いので、化けの皮がはがれます
詐欺は詐欺以外できないから
また、詐欺に走り
ビジネスは長続きしません。

ボランティアから良いビジネスに変えるには
競合する物やサービスの軸を変えてみることです

常識にはとらわれない
常識とは他人の思い込みです

ハッキリ言います
信念は現実を引き寄せます

(マハロの感想)
中小零細企業や個人事業主は
メインの事業がコケたら怖いという
恐怖にかられて
何本の柱を持とうとして
手広く事業を広げようとします。

しかし、業務を広げることで
集中力がなくなり
クオリティが低くなります。
実際、マハロも「そうしなさい」と
アドバイスされて
実行したことがありますが
やらないほうがいいと
断言します。

「NO1になることに特化せよ」
この言葉は胸に響きました。
ネットビジネスにおいて
「ビッグマーケットのサブニッチを狙え」
という鉄則がありますが
掘り下げて特化することで
クオリティが高くなり
役立つビジネスになるわけです。

稼ぎが高く・役立ちが低いのは 詐欺
「役立つ」というキーワードを外れると
すべて詐欺になるという話
思わず唸りました。

自分のビジネスが
人々にとって役立っているのか
自分の使命とは
人々に役立つ使命なのか
マハロは問いかけました。