こんにちは!! 
ロミロミの父こと
マハロ片山です。

昨日は、九州ベンチャー大学の栢野克己さん主催
形成外科業界大手「聖心美容外科」創業者で
現在は「ザ・クリニック」と加圧ジム「スキンジム
オーナー山川雅之先生の特別経営セミナーに
参加しました。

2時間強のセミナーでしたが
驚愕の内容でした。

山川さんは言います
★成功者の定義とは何か
売上を上げることが成功なのか
このままの生活がいいのか
各人漠然としていて
まちまちです
成功者とは豊かさの定義は
「経済」 「時間」 「空間」の
制約に縛られないで
解放された状態で生きること

すなわち
いつでもどこでも自分の価値観で
生きていける状態です

成功するために必ず必要なことがあります

それは
「欲しいものを明確にする」
明確にして実行するために
下記の3つを行なうことです

1・常に自分の欲しいものを考えている
2・手に入れる方法を考える
3・ほしい物を文書化する

★本当の豊かさとはなにか
では、幸せとはなにかを考えると
ほとんどの人は
幸せ探しをしてしまう
つまり、幸せのハードルを上げているのです

幸せを追いかけている状態になると
幸せになれないので
逆説的に考え
幸せになるハードルを下げるようにします

いつでも幸せを作る練習をすることです

小さな事でも感謝をしたり
アンカリング(五感からの情報をきっかけに、特定の感情や反応が引き出される
プロセスを作り出すこと)の動作を行なうことで
瞬時に幸せな状態を作り出しています

成功や幸せの積み重ねができます。

お金を持っている人は
常に失う恐怖があります

「足りない もっと多く」
でも
個人資産10億円以上超えたら関係なくなります

恐怖をなくすには
いつでもゼロから豊かさを作れると念じることです
非常に重要なことです
そのためには
再現や成功の積み重ねが
「成功の再現性」
の基盤になり「自分資産」となります

(マハロの感想)
成功法則をきちんと実行することが
成功すること
たとえ知っていても
1%の人しか実行していないそうです

その中でも一番の「鍵」なのは
2・手に入れる方法を考える
これは自分に質問をするということです。

懇親会で
「とにかく自分に質問をしまくることです」
 と仰っていました。

マハロは
「ああ、やっばり質問が鍵なんだ!」と
改めて納得しました。

マハロがブログで言っている
「とにかく自分に質問」が
山川先生の話で証明されました。

もう一つ懇親会で印象に残った言葉は
「言葉で40%成功する」
マハロは
頭の中で考えて(1次元)
文書化や言葉にする(2次元)ことで
40%成功で
あとは実行して行くだけと
いう意味に解釈しました。

「自分資産」
 
自分の経験や成功が
知らぬ間に自分資産になっていき
自信を持つことにつながるわけです。
これ以上はオフレコの話になります
気になる方は
九州ベンチャー大学でDVDが発売されるのでどうぞ
「破壊なくして創造はなし」 山川先生の話を振り返って
に続きます。