こんにちは!! 
ロミロミの父こと
マハロ片山です。

いや、東京はすごい雨でしたね。
15時過ぎに
「ドカドカーン」と雷の音がして
外が暗くなって
もう叩きつけるような雨
風がないから
雲が流れないのか
一点集中攻撃のようでした。
マハロは有楽町に用事があって
行ったのですが
もう、バケツをひっくり返すような
雨でした。

交通会館のエレベーターホールで
皆さん憂鬱そうな顔をしています
「雨は嫌だ」
「早く止まないか」
「ビショビショになる」
「モォー」
とか言ったり
あきらめムード
その時
一人の高齢の女性が
ニコニコしながら
「あら
 強い雨でビルや車を洗ってくれるから
 気持ちいいじゃないの」
 
その一言で
回りの空気が
一転変わりました
「そうね」
「ずーと晴れていたからなぁ」
「天候に怒っても仕方がないなぁ」
みんな笑顔になりました。
びっくりしましたねぁ
言葉の力
人間が変えられないことを
プラスの解釈すれば

楽しくなる。
おばあさんに感謝です。