こんにちは!!
ロミロミの父こと
マハロ片山です。

毎週日曜日は「マハロの好きな歌」を
紹介していきます。

今日はHAPA(ハパ)の
「Haleakala Ku Hanohano」です。
HAPAは
ニューヨーク生まれのアイリッシュ系バリー・フラナガンと
ハワイ生まれのケリィ・カネアリィのデュオ。
HAPAという意味はハワイ語で“半分”
すなわちハワイアンとアイリッシュとのハーフという意味
一度解散しましたが、バリーはネイザン・アヴェアウと
2003年に、新生HAPAを結成しました
今回紹介する「Haleakala Ku Hanohano」は
「栄光の太陽の当たる家(ハレアカラ)」という意味
この曲は250万枚のセールスを記録したデビューアルバム
「HAPA」に収録され
アルバムは94年ハワイ・アルバム・オブ・イヤーを獲得しました
このアルバムは、マハロにとって
フェイバリット(一番のお気に入り)のアルバムで
発売15年以上経っても、全く色褪せません
「おすすめのアルバムは」と聞かれたら
マハロは即このアルバムをすすめますよ!!
この「Haleakala Ku Hanohano」には
強い思い出があって
マウイ島のキヘイにてロミロミを習った時
終了後ジャグジーに入って
ハレアカラ山を見ていた時
スピーカーから流れてきたのです。
感動しました!!
夢の一歩が実現した事
ハレアカラを見ながら
「マハロは生きてるぞ!!!」と
両手を天に広げました