こんにちは!! 
ロミロミの父こと
マハロ片山です。

先日「空のバケツほど蹴るとうるさい」の中で
友人の白石さんが
「人としての浅さというものは後天的に
 どうにかなるものじゃなくて
 致命的なものなんじゃないかと考える
 何十年も生きてきて、これまでいろんなことを見る機会が
 あったはずなのに察知しないし身につかないのは
 出来ないことは特に悪ではないんだけど
 運動と同じでこれはセンスとか
 そういうもののような気がする」
 
という話を聞いて
「センス」という言葉が頭から離れなくなりまして
書店に行ったところ
黄色い表紙の新書が目に
「ドッカーン」と入っていました。

「デザインセンスを身につける(ウジトモコ)ソフトバンク新書」
上手くいくには理由(わけ)がある★ロミロミの父が教える秘密のヒント~マハロ片山の公式ブログ
思わず握りしめレジで会計
帰宅後パラパラ読んでいたら
購読している土井英司さんのメルマガ
「ビジネスブックマラソン」が受信トレイに
題名を見ると
【BBM:デザインセンス革命?】⇒『デザインセンスを身につける』ビジネスブックマラソンvol.2615
何じゃこら!!ビックリ!!
シンクロニシティかぁ!!

土井英司さんがいうには
「これで新書価格=たったの760円(+税)となると、
これはひさびさに「買い」の一冊と言っていいでしょう。

ツイッター、フェイスブック、ブログ、HP、いずれか一つでもや
っている人は、ぜひ本書を読んで自社の表現、デザインをチェック
してみてください」
読みやすくて
わかりやすい
あっという間に読了。

マハロの感想
Twitter・Facebook等のアイコンをどの様な構図することで印象的にすることが出来るかなど、実例がわかりやすい。
プレゼンで成功させるスキルについては、長文ではなくフレーズで書く。書体に気を遣う。
ジョブズのキーノートのエッセンスと同様な考え方である。
センスを磨くというより、スマートな魅せ方と取りました。
知ってプラスになる本。
同様なことをTwitterで書いたところ
なんと、筆者のウジトモコさんからリツイートが
「「磨く」となる「削る」という作業もあったりしてちとつらい部分も。
 身につくを目指したから何よりです(笑)」
なるほど
ありがとうございます。
この本を入り口に
物の見え方や見せ方を気をつけるだけで
プラスなことが
もっとたくさん起きそうです。