こんにちは!! 
ロミロミの父こと
マハロ片山です。

いつも、マハロは問題解決や目標達成をするために
自分に質問をします。

ただ、悩みは自分に質問しません
どうしてかというと
「悩みは自分の内側にあり
問題は自分の外側にあるから」

悩みは自らの内面の事なので
自問自答しても解決しません。

自分の思い込みやフィルターに通しての悩み。
他人(家族も含む)から見れば
些細なことだったりします。

相談すると
「なんだ、そんなことで悩んでいるのか。

解決するのは簡単じゃん」と言われた経験ってないですか。

それが悩みです。
さて、自分に質問することで
問題の解決や糸口が見つかります。

脳は空白を嫌がりますので
「どうしたら〇〇することが出来るか」
と質問すると
脳がジワッと考えます
しばらくすると
断片的にアイデアや
やるべきことや
道の断面が
ブワァと降ってきます
すると
優先順位やヒントが
ドバァと来るのです

これが直感なのか
閃きなのか
わかりません
「これは直感ですよぉ」
「直感ではなくて閃きさ」
なんて誰も言ってくれないけど
脳にスパーンと浮かんでくるのは
たぶん閃きでしょう。

きらめく閃きです。
この閃きは、突発的にやってくるので
感覚を敏感にする必要があります。

マハロは、今朝から
「どうしたら〇〇することが出来るか」
と考えていました。

夕方まで答えがでませんでした。
しかし
19時過ぎに
突然
ブワァと降って
ドバァと来て
問題が解決しました。

これから
寝る前に瞑想をして
目標達成に関する質問をして
就寝します。

「そんなこと、あるわけないだろう!!」
と思っているのでしたら
うまくいきません。

何事も素直にやって見ること
これが「キモ」なのですよ。

PS,
マハロの運営している
トータル・ボディ・セラピー(ソフト整体)通信資格講座の
「東京フィジカル・ケアアカデミー」
ソフト整体の通信資格講座として世界中の人が技術を習得できる
仕組みを作り多くの支持をされています。
新しい講座もスタートしました。
スクール→→http://www.tokyo-pca.com/
講座→→http://www.seitaischool.com/