こんにちは!! 
ロミロミの父こと
マハロ片山です。

最近ご無沙汰していたので
今日、神田神保町に行ってきました。

神保町は大好きな街で
本屋さん(古本・新刊本)
カレー屋(エチオピア)
万年筆(金ペン堂)
とんかつ屋・天丼の(いもや)
など
マハロが大好きな店がいっぱい。

スキーをやっていた頃は
ビクトリアやアルペンやニッピン他
グルグル回っていました。

三省堂書店に立ち寄ったら
下記のポスターを目にしました
【映画の玉手箱 ザ・シネマパラダイス】
上手くいくには理由がある~ロミロミの父@マハロ片山
マハロが映画に夢中になった頃
憧れた映画ばっかりです。

早速8階の展示場に直行
懐かしのポスターやチラシやパンフレットを見ました。

憧れのスティーブ・マックイーンのパンフレットがありましたが
貴重な一品ばかりで、高価な値段が(50,000円とか)ついていたので
今日は見るだけ。

余談ですが、
20代前半までは洋画ばかり観ていました。

ぴあを片手に名画座まわりをしてみたり
ビデオを観まくっていました。

映画からいろいろ学びました。

しかし、当時付き合った人が
洋画嫌いで観る機会が段々無くなり
すっかり映画に接する機会が減りました。

今は年に2回映画館に行くくらいになってしまったので
なるべく行くようにしないと。
生涯ベスト3は
・素晴らしき哉、人生!
・ブリット
・アラビアのロレンス
です。

これは一生変わらないでしょう、多分ね。

会場を後にして
ビジネス本フロアに行き平積み書籍を目を通します。

季節がら
「会社の〇〇」とかの会社での生き方や
自己啓発本や仕事効率化の本が多いです。

そして購入していく人も多いです。

マハロは
「お金をかけずにマスコミにとりあげられるユダヤ式PR術」
に目が行き手を取りました。

何が「ユダヤ式」だがサッパリわかりませんが
面白そうなので購入。

気軽に読めそうです。

1階フロアは人でいっぱい
ハワイ本を覗くけど欲しい本はなく
サブカル系を見ると「QuickJapan」が芸人本にすっかりなっていてビックリ
「ゴッチ語録」という本があったので
プロレスの神様「カール・ゴッチ」の本かと思いましたが音楽本でした(笑)

発売日に書い忘れた「MacFan」を購入も購入しました。

本屋さんに行くと脳が刺激されます。

何も買わなくても、館内を歩くだけで
必要な情報が目に飛び込んできて
いろいろなアイデアや閃きがあります。

本屋さんに行きましょう!!


PS,
マハロの運営している
トータル・ボディ・セラピー(ソフト整体)通信資格講座の
「東京フィジカル・ケアアカデミー」
ソフト整体の通信資格講座として世界中の人が技術を習得できる
仕組みを作り多くの支持をされています。
新しい講座もスタートしました。
スクール→→http://www.tokyo-pca.com/
講座→→http://www.seitaischool.com/