こんにちは!!
ロミロミの父こと
マハロ片山です。

大当たり!!
今現在、ベスト本。

一昨年の話。

コンサルのような事を依頼していた人との

打ち合わせ前。

早く打ち合わせ場所についたので、

マーケティング本を読んでいました。

遅れて来た氏曰く

「そんな本ばかり読んでいるから、

頭がゴチャゴチャになるんだ、

 一切ビジネス本を読むな!」

と叱られました。

どうしていけないかと問うたら

「ビジネス本は、ノウハウしか書いていないから役に立たない」

では、どんな本を読めばいいか、書名を挙げてと問うたら

「心理学の本とか、ムニャムニャ、、、」

と語尾が小さくなりました。

どうやら氏はビジネス関連本を好まず、

ビジネスを経験と想像が一番の拠り所だと

考えていたようです。

それはそれでいいのですが、

私は氏の回答に違和感がありました。

予感は的中しますがね。
さて、昨日

西澤一浩さんが、タイムラインで棚橋弘至の本を

「やばいです。「はじめに」1ページ目だけで元がとれました!」

と紹介していましたが、私には実感が伝わってきました。

そうです、

一冊の本の1フレーズでも自分のプラスになればいいのです。

ましてや、

自分の求めていたものを発見できれば、

これからの人生、もっともっと楽しく生きられるわけです。

書籍から人の考えや経験を学ぶことは無限にあります。

ヒントやキッカケをくれる本は沢山あります。

そんなこんなで、一昨日まとめてアマゾンで注文した、

午堂登紀雄氏の著作が届きました。

11951370_927018860677981_5492658398579461660_n

本日、
「やりたくないことはやらずに働き続ける武器の作り方
だれでも人生を複線化できるお金と時間の仕組み 」を読了。

これは億万長者本や金持ち本でありません。

仕事の指南書であり、

私にとっての答え合わせの本でありました。

大当たり本!!