夜は待望の

プライムリブステーキを食べに

キングスビレッジに向かいにある

オハナイーストホテルの地下

「チャックス・セラー」へ。

2012年の話はこちら
http://www.mahalostevek.com/2012/10/19/post-806/

テーブル席が満席で、

「カウンターでいい?」

陽気な白人たちに混ざって

カウンターに座ります。

カウンター内のバーテンダーの兄さんも

次から次へとカクテル作りに

大忙しでもう大変。

「お兄さんメニュー見せて」

「ちょっと待っていて」

ワインを注いで、カクテルカシャカシャ

「おまかせ、メニューを持ってきた」

「もう少し待っていてね」

カクテルカシャカシャ

「おまかせ」

「ブラック&ファイヤービールと
プライムリブステーキ」

「OK!」

フォークとナイフ

そしてビールが来ました。

クワッー、ビール美味い!!

グイグイ進む。

すると

「ヘイ!ミスター」

「プライムリブ楽しみなんだ」

「ソーリー、プライムリブだけ

ソールドアウトなんだ」

「エーッッ、マジかぁー」

「ミスター、待たせたのに。本当にソーリー」

予想外の展開で、どっと疲れてしまいました。

プライムリブしか考えていなかったので、

トボトボと店を後に。

時間は22時。

フードバントリーで

カリフォルニアロールと

ポーリッシュソーセージを買い、

ホテルに戻りましたとさ。