ハワイは「マナ」の島だから。

mahalostevek/ 6月 28, 2012/ ハワイツアー2012, ハワイ関連/ 0 comments


こんにちは!!

ロミロミの父こと
マハロ片山です。
昨年9月4日に宣言した
「マハロと行く魂と対話するハワイツアー」

開催します!!
マハロと行く魂と対話するハワイツアー」とは
「全身でアロハスピリットとハワイの素晴らしさを体験する旅」です。

公式サイトはこちら

ハワイ諸島は全土がパワースポットと呼ばれています。

さまざまな人が「なにか」に吸い寄せられるように
ハワイに訪れます。
それは
「マナ」
があるから。

ほぼ日刊イトイ新聞で2000年頃に掲載された
「ほんとうにほんとのハワイ」にて
ハワイ人がよく口にする“マナ”とは、
生命の力のことで、
それは誰の体にも宿っているとされています。


マナマナは脳の力、マナロアは聖なる魂で、
これらは生きているものの中に常にあるもの。


これらマナの力によって奇跡は引き起こされる。


ハワイ人はすべてのものの中に
マナがあると古くから信じています。


昔、王族など高位にあった人物が亡くなると、
近しい人々はその骨を隠しました。


骨にはその人のマナが残っているとされ、
その骨を手に入れた者は、故人のマナを
我がものにできると思われていたのです。


マナは肉体が滅んでも
生き続けるものと考えられていますが、
誰かが骨を奪うとそのマナが弱まってしまうのです。


王族はハワイの神々の血を引いているとされており、
カフナたちは神から特別な力を与えられた存在だったので、
普通の人よりずっと強いマナを
持っていると思われていたわけです。


カメハメハ大王が死んだとき、
彼の一族はカメハメハの骨が盗まれることを恐れて、
誰にも分からないところに彼を埋葬しました。


そのため、いまでもカメハメハが
どこに葬られているのかは謎のままとなっています。


マナは、ハワイでは非常に大切なものです。
マナは体のどの部分にも宿っていて、
影にさえマナはあると信じられていました。


だから、かつては王の影に触れることは
とんでもない大罪とされていて、
もし触れた場合はすぐさま処刑されてしまいました。


大人子供、男女の関係なく、
罰は必ず死刑だと定められていました。
もし、王の影を踏んだら
王のマナの一部はその人の体に入り、
その分王の力が弱まると信じられていたためです。

と語られています。
マナは日本語で表現すると「霊力」が適切でしょうか。
Youtubeにマナについての動画がありました。
(多分有名なあの番組のダイジェスト)
有名なカフナのヒューイット氏(ミュージシャンとしても有名)が
「マナとはすべての物に宿るスピリチュアルな力であり、生命力でもある」
と語っています。

【ツアー概要】
【実施日】
2012年9月15日~21日(5泊7日)

※基本成田発ですが、関空・名古屋・福岡からフライトもOKです。
航空チケットはこちらで手配します(下記料金プラス料金がかかる場合があります)

【集合場所】
ホノルル国際空港

【宿泊先】ワイキキのど真ん中にある
シェラトン・プリンセス・カイウラニ

部屋はツインルーム確定です
通常の海外ツアー【部屋指定無し】の場合がほとんどです
従ってダブルやキングサイズベッドで二人で寝る場合もあるので
快適なツアーであるために旅行会社に確約を取りました



【ツアー代金】
宿泊代&飛行機代135,000円
燃油サーチャージ+空港使用料(40,000円)
合計175,000円

<参加費に含まれるもの>
・往復航空券
・宿泊代
・空港→ホテル間混載送迎
・ホテル→空港間混載送迎付
<参加費に含まれないもの>
・国内発着空港までの各自往復移動費
・レンタカーまたは貸切バス料金
(メンバー全員で公平に分けて徴収させて頂きます)
・食事代
・雑費等
マハロが企画したこのグループ旅行
交渉の結果
大手旅行会社のパックツアー料金より
安くなっちゃいました。

例)J●B 205,000円(燃料込み)
H●S 219,000円(燃料込み)
K●T 266,000円(燃料込み)
マハロ 175,000円(燃料込み)

本当かどうかは
各社の旅行パンフレットでご確認くださいね。
このツアーでリアルハワイを思う存分体感して下さい。

初めてのハワイの人も
リピーターの人も
シルバーウィークに
マハロが自信を持って提供するツアーです!!

PS,
マハロの運営している
トータル・ボディ・セラピー(ソフト整体)通信資格講座の
「東京フィジカル・ケアアカデミー」
ソフト整体の通信資格講座として世界中の人が技術を習得できる
仕組みを作り多くの支持をされています。
新しい講座もスタートしました。
スクール→→http://www.tokyo-pca.com/
講座→→http://www.seitaischool.com/

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*