ハワイツアー4日目、フリカケアヒと日系人の歴史。

mahalostevek/ 10月 10, 2012/ ハワイツアー2012, ハワイ関連/ 0 comments


こんにちは!! 

ロミロミの父こと
マハロ片山です。


「マハロと行く魂と対話するハワイツアー」無事終了しました。
参加者の方全員が満足したと感想をいただき
マハロは本当に嬉しいです
ありがとうございました。


ツアーの内容を時系列にアップしていきます。
ブログのBGMに、ホノルルのFM曲
「KINE」http://www.hawaiian105.com/
「KCCN」http://www.kccnfm100.com/
を聞きながら読むと
もっとハワイ気分になりますよ。


4日目。


レンタカーを借りて、カピオラニコーヒーショップに
オックステールスープを食べに行き
blog_import_51015e3bdb0ee
H1をホノルルに戻ります。


blog_import_51015e42a1728
iPhoneの地図をナビ代わりに使ったので
道順がわかりやすいです。


向かったのは
「Pier38」というシーフードレストラン。
この店で絶品と言われている
「フリカケアヒ」と食べるために来ました。


この料理は見ての通り
マグロ(アヒ)を、のりたま(ふりかけ)を衣にして
焼いた料理です。


img_6875-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
美味い!!
これは美味しいぞ!!
ライスは麦ごはん、そして2スクープマカロニサラダ付きです。


アヒの焼き方を今回はレアに焼き方をしましたが
次はミディアムにしようかな。


フリカケアヒ、オススメです。
次に向かったのは


blog_import_51015e48d4e3d
「ハワイ日本文化センター」 http://jcch.com/
1885年に始まったハワイへの日本人官約移民100周年に
ハワイの各日系団体や個人の尽力により、1994年に開館
した施設です。


日系移民展をやっていました。
移民として夢見てハワイに渡ってきたのに
白人の雇い主に奴隷同然の扱いを受け
雀の涙の賃金で働かされ
堪忍袋の尾が切れて1930年代に賃金闘争で
労働者の権利を勝ち取りました。


第2次世界大戦に突入後
敵国人として見られた日系二世たちは
志願してアメリカ軍に入隊
イタリア戦線最前線で壮絶な戦い沢山の犠牲者を出しました。


戦後GI特権で日系人は大学に通い
卒業後商業界や政界に進出して
カメハメハ王朝の時代から
一部の白人が特権を握っていたハワイを
市民の島へ変えていったのです。


すなわち
先人の努力と効力があったからこそ
私たちは楽しくハワイへ訪問ができ
安全に楽しむことができるのです。


この事実を

決して忘れてはいけません。


つづく


PS,
マハロの運営している
トータル・ボディ・セラピー(ソフト整体)通信資格講座の
「東京フィジカル・ケアアカデミー」
ソフト整体の通信資格講座として世界中の人が技術を習得できる
仕組みを作り多くの支持をされています。
新しい講座もスタートしました。
スクール→→http://www.tokyo-pca.com/
講座→→http://www.seitaischool.com/

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*