「知っている」と「やっている」の大きな違い

mahalostevek/ 7月 28, 2011/ 日常・雑感, 潜在意識/ 0 comments


こんにちは!!
ロミロミの父こと
マハロ片山です。

以前、会社員時代の上司で
ウエダさんという
課長さんがいました。

彼は面倒見が良くて
いろいろ相談に乗ってくれました。

何でも話しやすい
「兄貴分」の人で
マハロはウエダさんに
かわいがってもらいました。

彼の口ぐせは
「知ってるよ」
でした。
「ウエダ課長、
〇〇って
こういうふうに改善したら
どうでしょう?」
「〇〇の件だろ
知ってるよ」
「どう思いますか」
「まぁなぁ、知ってるよ
でもなぁ、できないぞ」

と仕事に関しては
あまり先に進みたがりませんでした。

そして
「やらない」事を
「できない」に
する人でした。

「知ってる」けど「やってる」
わけではないんです。

でも、ウエダ課長は
「知っている」ことで満足している。

「知ってる」と「やってる」
「やらない」と「できない」
は全然違う事なのですが
同じ事だと思っています

マハロも多かったです
「やっていない」のに
「できないぞ」と決め付け
「やらないこと」が。

先日、ある勉強会の話を聞いていたら
早起きの話になって
「毎回、皆さんの前で
早起きは三文の得ですと
お話するのですが
皆さんの9割は
知っていると答えます。
しかし、実際にやった人は
1割もおりません。
そして、1割の人がやってみて
続けるのはその1割です
これは、なんにでも例えられます」

100人中10人はやってみるけど
1人しか習慣にしないわけです。
早起きのだけではなくて
他のことにも当てはまります。
これって、
「チャンス」
です。
あなたの回りや
自分の事を振り返ると
100人中1人になれる可能性がある。
小さいことでも
「知っている」から
「やっている」に
変えてみませんか。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*