小橋建太・涙の引退

mahalostevek/ 5月 11, 2013/ 日常・雑感/ 0 comments


こんにちは!!

ロミロミの父こと

マハロ片山です。

プロレスラーの小橋建太選手が、

25年間の選手生活にピリオドを打ちました。
命を削るような過酷な試合で両膝が破壊され、

2006年に腎臓がんで右腎臓摘出した後も、

不屈の精神でリングに上がり続けましたが、

体力の限界で今日引退しました。
これまで多くの人々が小橋の戦いに心を揺さぶられ、

勇気を貰い励まされてきました。
私も会場の日本武道館に行きたかったのですが、

チケットは発売と同時に完売。

自宅はひかりTVのためスカパーのライブは観る事が出来ないので、

ネットで情報を得ながら会場にいる気持ちになり、

思わず涙してしまいました。
好きだった三沢光晴選手がリング上で死去した事が、

今でも無念で無念で仕方が無い。
だから小橋選手がリングを去る事は残念ですが、

引退試合を開催し時間を共有できたことが

ファンとしてとても嬉しいです。

小橋選手、25年間ありがとうございました。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*