夢を売る男は自費出版暴露本

mahalostevek/ 3月 5, 2014/ 日常・雑感/ 0 comments


こんにちは!!

ロミロミの父こと

マハロ片山です。

遅ればせながら
「夢を売る男(百田尚樹著)」を
ノンストップ1時間で読了。

「出版したい」「本を出したい」という人の心を擽り、
ジョイントプレスで著者に費用を出させて出版。

出版社は本の売上や著作内容は二の次
人の欲に揺さぶりをかけて
著者からの出版で儲けるという話。

私も昨年
著者発掘オーディションに応募したので
作家の気持ちがよくわかるし
こういう類の電話もよく掛かって来るので
身近な話題なので、実に面白かったです。

どちらにしても
本を出したいなら
「腕を磨く」ことです。

文章力も学習力も、しかりです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*