だから時に主観なんてコッケイなんだよね

mahalostevek/ 10月 1, 2011/ 日常・雑感/ 0 comments


こんにちは!! 
ロミロミの父こと
マハロ片山です。

Twitterのタイムラインを見ていたら
思わず
「う~ん」とうなるツイートが
一つ目が
編集者、コンテンツディレクターの
米田智彦さんのツイート
 「世界を変える」っていう「世界」ってのは
自分の身の回りであって、その身の回りによって
変わっていく自分なんだ。

だから世界を変えるっていうのは自分を変えることなんだ。

世界を変えようなんて、なんておこがましい。

今までの世界を変えようとして何億人が死んできたか

自分の世界というのは
スーダンの内戦でどうしたとか
アマゾンの部族が全身赤いとかでなく
自分の周り、強いて言えば日常生活の範囲が
まず、世界と考えるべき。

米田さんのいう通り
「だから世界を変える=自分を変えること」
と解釈すれば世界を変えることが可能
一番手っ取り早い世界平和は
自分の周りそして自分が幸せになること
そして、自分が観ている
「常識」というフィルターの色が変わるわけ
2つ目が
イラストレーターの
新見 文さんのツイート
立川談志師匠のドキュメンタリーで
「主観は滑稽だ」そんなことを仰っていた。

自分の心の中で考えたことなんて
ロクな考えは生まれてこない。

それよりも直感や清らかな想いに
身を寄せた方がいいのだ。

なんかイヤな予感がして一本飛行機を
遅らせて助かった方もいる。

自分の直感は大事なサイン。

自分の常識なんて
今までの経験などの積み重ねだし
考えは自分の経験や
賛同する事柄のみがデータなので
左脳で考えたことなんて
ロクな考えは生まれてこない。

それなら、自分の右脳から発する
直感や予感やひらめきに
従えと言うこと。

だから時に主観なんてコッケイなんだよね

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*