【ほめ芸王とサシスセソは、マウイマインド】

mahalostevek/ 6月 12, 2017/ マウイマインド, 日常・雑感


・毒蝮三太夫
・渡辺篤史
・村西とおる
という当代きっての「ほめ芸王」に
中谷彰宏氏が迫る対談集。

期待以上に面白かったです。
マムちゃん
・気持ちよく快適にさせることが褒めること
・けなしほめは、知性がないと理解できない
建物探訪の渡辺さん
・感嘆に勝るほめ言葉はない
・ほめることは、軌跡に気づくこと
村西監督
・ほめる時は、目を開くこと
・「頑張って」ではく「頑張ってますね」という。
・わかっていても、ほめなければ無視とおなじ。

などなど宝箱のような話が、
たくさん詰まっていましたわ。

読了後、そんなこんなで

移動中にNack5を聴いていたら

「モテ女が使うサシスセソ」を

紹介していました。

どうやら、

小林麻耶さんが開発したらしいです。

「さ」さすが!

「し」しらなかった!

「す」すごい!

「せ」センスいいね!

「そ」そうなんですか?

言われるとウキウキしちゃいますね。

これ、なんでも応用できるぞ!!

しかし、女子のあいだでは使い古されいている声もあるようで

新バージョンがあるようで

「さ」最高だね!!

「し」信じられな〜い!

「す」素敵!!

「せ」誠実だね!

「そ」それはこうゆうことですよねぇ?

男どもがメロメロになる、

これは、ある意味

あざといほど、必殺一撃だ(笑)

マウイマインドに置き換えると

ほめることは

ほめてもらいたい欲求を満たし

みんなが幸せになる

ほめてほめられ楽しくなる。

余談ですが

英語が話せない男性が

感情込めて

「オーマイガー」と「ジーザス・クライスト」の

言葉のみで

外国人女性を彼女にしたそうです。

そうなんです、

笑顔とほめることは

世界共通の魔法なのです。