【好きなことは仕事にするな!でも好きなことをしたいわけだ】

mahalostevek/ 7月 14, 2017/ マウイマインド, 日常・雑感


友人のタイムラインで

”起業支援で「好きを仕事に!」とはよく聞くけど、起業のハードルを下げることを強調するほうが売りやすいんだろうね。”

という趣旨の投稿がありました。

コメント欄でも

「好きを仕事にすると、途端につまらなくなる」

「好きだけじゃ仕事にならない」

などのコメントが上がったいました。

私は考えました。

好きなことをしたいのと、

金を稼ぐためにどんな仕事をするかは、

そもそも手段と目的が異なるのではないか

先日、のぐちこうしん先生が

「ビジネスで成功している人に限って
「好きなことを仕事にしたって稼げない」
といいますね。
大金持ちっていうのは、とにかくお金が大好き。
お金持ちになることしか
興味がない=目的だから、
手段なんてなんでもいいと考えるんです」

仰っていました。

目的と手段

何が目的なのか。

「やりがい」ってなんだろう。

「その地位や職種で自分が思う仕事をすること」

だと考えると

嫌いなことにやりがいを見つけられるのか。

私も会社員時代に、何度か転職をしました。

原因は金銭面だったり、仕事内容だったりさまざま。

会社に応募する基準って「やりがい」ですよね。

自分は「これ」を伝えたい

自分は「これ」を研究していきたい

自分は「これ」を通じて貢献したい

「これ」が嫌いだったら続けない。

従って、嫌じゃないからなのでしょうね。

認めないのは

「本当に好きなことは仕事にしたくない」という

大切な気持ちがあるからと考えます。

それもわかるなぁ。

私みたいに、好きなことを続けるのは

世間から見たら「変態」としか思われないだろうな。

そう、たしかに

とても「変態」だと思います。