経験値を上げること。

mahalostevek/ 2月 18, 2012/ マウイマインド, 日常・雑感/ 0 comments


こんにちは!! 
ロミロミの父こと
マハロ片山です。

今日、お茶をしながら
話していたんだけど
いろいろな人と話をすると
(商談だったりオフの会話でも)
話の後ろには
その人のバックボーンが
輪郭として見えてくる。

どんなに力んで
話をしても
うそ臭く聞こえたり
心を打たれたりする。

それは話術とかでなく
経験値ではないのか。

経験っていうのは
その人の真の裏付けになることが
往々にしてあるってこと。

過去の経験などで得たことは
けっして無駄ではない。
例え嫌だったり
忘れたい経験でも
すべてが自分の
身となり骨となっている。

経験値は
自分から放つものと
自分で受けることの
両方ある。

したがって
直感力も
何もしなければ
衰えていき
鈍感になる。

赤ちゃんは
直感力が優れているから
笑顔になったり
泣いたりする。

それは
自分の味方か
敵かを
直感で判断しているから。

向かいの席で
60近いおじさんが
金持ちっぽいおばあさんに
投資の話をしていた。

おじさんとその仲間は
やたら目が鋭く
どこをどう見ても
「海千山千」で胡散臭い風貌。

でも、おじさんは
気づいていないから
「私を信じてください」と
満面の笑みを浮かべているわけ
おばあさんは防御しまくっている。

要するに
見透かされたわけです。

知っているけど
やっていない
経験はしているけど
経験値を上げることが
大事。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*