それぞれの気分転換

mahalostevek/ 3月 3, 2012/ 日常・雑感/ 2 comments


こんにちは!!

ロミロミの父こと
マハロ片山です。

以前、mixiだったと思いますが
会社で最近いろいろあって
ヘコんでいて
立ち直れないとかの
内容の日記がありました。

あまり親しくない人だったのですが
「放っておけない」性格のマハロは
「気持ちの切り替え方は
こうした方がいいよ」と
いうようなコメントを書きました。

すると他の人が
「面倒くさい事考えないで
酒のんで忘れちゃえばいいんだよ」
とコメントしたら
「そうっか!
今夜飲みに行くぞぉ!!」って
コメントがあり
マハロのコメントはスルー(笑)

どうやら、浴びるほど酒を飲んで
憂さを晴らしたようです。

気分転換
人それぞれ
やり方があります。

また
人それぞれ
解釈があります。

悩みを一瞬忘れるだけだから
それはそれでいいのかな。

逆に考えると
酒を飲んでチェンジ出来るのなら
軽いのかもしれませんね。

さて、今
Amazonの書籍のトップ1が
「幸福について―人生論 ショーペンハウアー」
になっています。

1958年に出版された本です。
どうした1位なのか検索したら
「ワールドビジネスサテライト」のコーナー「スミスの本棚」で
作家の本谷有希子さんが紹介したそうです。

一読の価値がありそうです。

 

2 Comments

  1. SECRET: 0
    PASS:
    いつも楽しく読ませていただいています。「人生論」とか読み始めたら、1ページ目で寝てしまう自信があります(笑)。でもそういう難しそうな深そうな本が1位になるってなんか意外ですね。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >けんさん
    コメントありがとうございます。
    SKE48を抑えて1位ですから、注目されているのでしょう。
    哲学書だと思うので、哲学ブームに乗ったのかも?

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*