「自分に裏付けがあるか」

mahalostevek/ 1月 5, 2012/ 日常・雑感, 未分類/ 0 comments


こんにちは!!
ロミロミの父こと
マハロ片山です。

昨日は、マハロの誕生日でした。

今年はFacebookで皆様からおめでとうのメッセージを
いただき嬉しかったです。

マハロは今年は年男なのですが
しかし自分ではピンと来ません。

気持ちが若いとかではなくて
全然年取った感覚がないんです

「やりたいこと」や
「作り出したいこと」が
沢山あるからなのかなぁ
そうそう
マハロが以前から
決めていることがあって
それは
「オジサン」と呼ばれても
「オジサン」と自分で言わない
ということ

これって意識の問題だと思いけど
こういう小さいことって
大切だと思うです。

ちょうど今、
NHKで「爆問学問」という番組がやっていて今中国で一番有名人というコラムニスト・加藤嘉一氏の中国での講演会の様子が放映されました。
中国人が「私たち中国人は海外で中国の悪口を言ったら帰国できない例が沢山あるが、日本人は大丈夫なのか」との質問に加藤氏は「私は知識人を目指しているから批判することも必要なのです」と言っていました。

それを聞いた娘が
「知識人って批判する人なの」
って質問してきたので
「勉強して知識を蓄えて
分析や批判をする人だよ」
とマハロは答えました。

爆笑問題との対談で
日本批判や中国批判をする加藤氏は
口先だけじゃなくて
目指している知識人の仲間入りをしていますね。

ダメ出ししたり
批判することって
誰でも出来るんです
しかし批判が
意見や発言になるか
愚痴や戯言になるかは
大きな違いがあります。

それは
「自分に裏付けがあるか」
ということです。

愚痴や戯言は極力言わずに
建設的意見なら
ドンドン言ってもいいと思います。
批判していると
気持ちがひねくれちゃうからね
身体にいいことではないですし
笑顔でいたほうが
毎日楽しいです。

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*