ハナへの道は偶然がつづく

mahalostevek/ 6月 4, 2012/ ハワイ関連, 未分類/ 0 comments


こんにちは!!

ロミロミの父こと
マハロ片山です。
昨日、本棚を整理していたら
池澤夏樹(著)「明るい旅情」が出て来ました。
わたしはこの本のなかの一遍
「ハナへの道」に大きな影響を受けました。
あれは1997年の話。
マハロがハワイに初めて行ったのが、1995年の3月26日。
日本を出発したのは3月20日、「地下鉄サリン事件」が起こった日でした。
箱崎のTCATからバスに乗って成田に入り
テネシー州メンフィスとネバダ州ラスベガスを旅行し
ラスベガスからユナイテッド航空でホノルルに入りました。
この経路、ピンと来た人はすぐわかったはず
エルヴィス・プレスリーの足跡を辿った旅でした。
「ちょっと帰りに骨休め」という気分で
大した期待もせずに寄ったハワイ。
ホノルル国際空港に到着した瞬間
マハロはハワイの魅力にノックアウトされました。
「空気感」と「香り」と「地場」
これはハワイに行った人なら「そうそう!!」と同意するでしょう。
世界中旅をした人でも
なぜかハワイは「俗っぽい」とか「大したことない」と思っている人が居るようですが
「空気感」と「香り」と「地場」
にトリコになること必ずです。
マハロもハワイのトリコになり翌年1996年にも2回行きました。
そして4回目のハワイに行く前のある日の出来事。
1997年、マハロは中堅物流会社の営業所長をしていました。
9月の初め、トラックの助手席に座って
ドライバーと一緒にお得意様に向かっていました。
ドライバーのヤマモトさんは、他のドライバーとどこか違う
「能ある鷹は爪を隠す」感じの人で、国会中継や日経を読んでいる人でした。
彼のトラックにはいつもNHKが流れていました。
ぼんやりと車窓を眺めていたマハロの耳に
トラックのスピーカーから
「マウイ」「ハナ」
という単語が入って来ました。
「ん、なんだこれ?」
マハロは9月15日過ぎに4度目のハワイに行くことになっていました。
今回も無理やり取った休み。
マハロはその当時オアフ島しか言ったことがなかったので
初めてマウイ島に足を伸ばすことにしていました、
「ヤマモトさん、この番組なんですかぁ」
「お前黙って聞いてろ、朗読の時間なんだから」
どうやらヤマモトさんが楽しみにしている番組のようでした。
スピーカー越しにマウイ島のハナに向かう物語を朗読しているようでした。
NHKのアナウンサーはあまり感情を込めず
「ワイキキだけがハワイではない」
「マウイ島でもハナは別格の土地である」
と淡々と朗読しているのに
マハロは物語にグングンのめり込んでいきました。
しばらくして
「朗読の時間を終わります」
とアナウンサーは言って番組は終わりました。
思わず
「なんですか!これは!」
「バカヤロウ、朗読の時間ってアナウンサーが言ってるだろ。。」
「わかっています、この朗読した本です」
「NHKに聞いてみな、教えてくれるぞ」
「明日もやりますかね」
「やるけど、お前は事務所を仕切るのが仕事だろ
気に入ったのなら、続きは本を買って読むんだよ
その本をハワイに持っていけばいいじゃないか」
ヤマモトさんはニコニコしながら言いました。
事務所に戻って、電話帳でNHKを調べ電話しました。

 

「今週の朗読は、池澤夏樹さんの短篇集で明るい旅情のなかの「ハナへの道」です」
「ハナへの道」
20日後にはマウイに行くのに
何たる偶然
就業後、三省堂書店や丸善に電話して在庫確認
丸善にあるそうでした。
取り置きしてもらい、閉店ギリギリに駆け込み購入しました。

明るい旅情は短編集で
「ハナへの道」は25ページほどの短編
・パイアの街
・ヒッピーの話
・3時間かけて細いくねった山道を進む
・ドライブにはカセットテープが必需品、IZはHAPAの話
・ハセガワジェネラルストア
・ホテル・ハナマウイ
など、まるで自分がレンタカーでハナに向かっている気分になりました。
そして、半月が過ぎ
マハロとカミさんはマウイに向かいました。
翌朝、パイアでサンドイッチとミネラルウォーターを買い
ガソリンスタンドで満タンにして
ハナに向かいました。
2時間のクネクネ山道や湿地帯を進むと
「ハナへの道」と全く同じの光景
マハロは本を片手に感動しました。
小説と同じ世界が目の前に広がっている
「天国のハナ」
といわれている場所。
あれから15年、池澤夏樹さんは
「ハワイイ紀行」という入魂の一冊を出版されています。
そして今日
いい天気なので自転車で移動していたら
街でアロハシャツを来たお兄さんたちが事務所に入って行きました。
フラスタジオ?
入口に近づいてみたら
なんとそこには
「ハナマウイ」の文字が
よく見ると
「ディサービス ハナマウイ スイート」
と書いてありました。

介護施設 ハナマウイ
きっとこの施設の社長も
あのくねった山道をレンタカーで進んで
天国のハナに魅了されたのでしょう。
MAHALO!

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*