ハワイツアー5日目、ビショップミュージアムでこの国の歴史を知る。

ハワイ関連

こんにちは!! 

ロミロミの父こと
マハロ片山です。


「マハロと行く魂と対話するハワイツアー」無事終了しました。
参加者の方全員が満足したと感想をいただき
マハロは本当に嬉しいです
ありがとうございました。


ツアーの内容を時系列にアップしていきます。


ブログのBGMに、ホノルルのFM曲
「KINE」http://www.hawaiian105.com/
「KCCN」http://www.kccnfm100.com/
を聞きながら読むと
もっとハワイ気分になりますよ。


5日目


今日も自由行動なので、朝ワイキキビーチに行って
元プロレスラーのロッキー・イヤウケアさんの
ボートハウスがでているか見に行ったが
あいにく休みのようで
ロッキーさんには会えず。
カラカウア通りからクヒオ通りに向かい


ザ・バスの「2番」に乗って
ダウンタウンを抜けて


「スクールストリート」で下車。
しばらく歩くと

入り口が見えて来ました。


そこは
ビショップ・ミュージアム
です。

館内ツアーが11時なので
それまで別館に

ハワイに来た日本人、そして日系人の歴史展を開催していました。
館内で博物館の人から
どうして日本から移民が来たか
どんな暮らしを強いられていたか
戦争中の生活はどうだったか
戦後、ハワイで日系人が活躍した理由
などを詳しく説明をして頂きました。

 


次に本館を見学

ハワイアンキルトで出来たハワイの旗

鳥の羽根を殺さず、1羽から一本つづ取って作っていった
王様のケープ

3階フロアから見た吹き抜け
ハワイの沿岸に現れるクジラやカヌーが展示されています。
ポリネシアからハワイにカヌーで渡ってきた先人が
いかにして生活をし、カメハメハ王が統治し
ハワイ王朝を作っていき
キャプテンクックが上陸し、宣教師やキリスト教を布教し
疫病をばらまき、白人がハワイアンを力でねじ伏せ
ハワイ王朝を終焉にさせた歴史が学べます。
次に


ハワイ・スポーツ殿堂を覗きました。

ハワイ人初の幕内力士・高見山(現・東関親方)

ボクシングの藤猛とベン・ビラフロア

そして、日系人初のオリンピックメダリスト(ウエイトリフティング)で
007のオッドジョブで有名なプロレスラーハロルド坂田(トシ東郷)
この人が、1951年力道山をプロレスにスカウトした人物なのです。


彼が日本にプロレス慰問興業で来日していなかったら
日本プロレスが根付いていなかったかもしれません。


高城剛氏がメルマガで
「その土地を知るには、その土地を歴史を知る必要がある」
と語っています。

時計を見たら13:30
結構長居をしたので
ビショップ博物館を後にして
ダウンタウンにザ・バスで向かいます。
つづく

コメント